これで解決!時制を完璧にマスターしたい人は見逃すな!

時制は中学・高校の授業で習いましたよね。
ところが日本人で時制を思い通りに使いこなせる人はほとんどいません。

時制は大きく分けると「現在」「過去」「未来」の3つですが、それぞれがさらに分類され全部で12種類あります。さらに細かく分けるともっとあります。

日本語には、そもそも「時制」という概念がありません。それ故に、残念ながら日本人が英語の時制を理解するのは至難の技と言えるでしょう。

「学生時代、あなたも経験がありませんか?
腑に落ちないことを学校や塾の先生に質問を投げかけたことが・・・。」


「先生の説明を受けて腑に落ちましたか?」
「一片の曇りなく心のうやむやが晴れましたか?」
「時制を思い通りに使いこなせるようになりましたか?」

もしかすると・・・
今もなお得体の知れないものだと感じていませんか?


なぜ先生に意を決して訪ねても・・・
参考書を読みあさっても・・・
英会話教室に通い続けても・・・

日本人が一向に時制を理解し使いこなすことができないのはなぜでしょう?

師匠師匠

理由は簡単です!

なんと学校や塾の先生ですら、この時制を使いこなせていないのです。そして英会話を教えてくれるアメリカ人の先生は幼少期から時制の概念に触れながら育ってきたため日本人の悩みどころが理解できないのです。

そこで、このカテゴリでは7つのコンテンツを用意しています。

師匠師匠

そして日本人が時制を理解するためには時間軸で捉えることが必須です。

そう!この時間軸で捉えることで時制は簡単に理解できます!

以下にご紹介する7つのコンテンツにしっかりと目を通して頂ければ、必ずやあなたは時制という得体の知れないものの尻尾をがっちりと掴み、あなたの思い通りに時制を操ることができるでしょう!

ページの先頭へ