今回は「I’ll have」と「I’ll take」の違いを理解することがテーマです。

一見、両者は同じ意味に取られがちですが、ニュアンスが違います。

実際に、両者を同じ感覚で使っている人がいますが、ニュアンスが違うので聞いた相手は違和感を覚えます。

「I’ll have」と「I’ll take」のニュアンスの違いをちゃんと理解して、シチュエーションに応じて適切に使いこなせるようにしましょう!

I’ll haveの意味と使い方

「I’ll have」は主にレストランといった食事をする場所で使います。

「have」の意味は、あなたもご存知の「~を持つ(所有)している」ですよね。

例えば・・・

 icon-check-square-o I have two cars.
「私は車を2台持っています。」

 icon-check-square-o I have three cats.
「私は猫を3匹飼っています。」

※直訳すると「私は猫を3匹持っている」ですね。
つまり、「猫を飼っている」というニュアンスになります。

 icon-check-square-o I have a cold.
「私は風邪を引いています。」

※直訳すると「私は風邪を持っています。」です。
つまり「風邪を引いている」というニュアンスになります。

このように「have」の後に何がくるかで、「have」の意味合いは変わってくるってことです。

それだけ、「have」は便利な単語っていうことですね。

本題に話を戻すと、「have」の後に食べ物がくると、「食べる・いただく」という意味になります。

例えば、レストランで注文する場合、メニューを指さしながら

I’ll have this.
「私、これにするわ!」

と言ってみましょう。あなたが注文したいものが、ちゃんと相手に伝わります。

《例文》

 icon-check-square-o I’ll have curry and rice.
「カレーにします(お願いします)。」

 icon-check-square-o I’ll have diner with Taro.
「今日は太郎と夕食を食べる。」

I’ll takeの意味と使い方

「I’ll take」は主に買い物(ショッピング)をする場面で使います。

「take」には、

・~を(手に)取る
・(人を場所へ)連れて行く
・(物を)持っていく、運搬・搬送する、持ち込む

といった意味があることは知っていますよね。

それ以外に「take」には他にも「買う」「選ぶ」といった意味もあります。

もし、あなたがショッピングで何かを買うと決めたときは、店員さんに

I’ll take this.
「これにします。」

と言えば、店員さんにあなたの買いたい商品がちゃんと伝わります。

まとめ

今回は「I’ll have」と「I’ll take」についてでしたが、

食事の場面では「have」を、ショッピングの場面では「take」を使うということを覚えておきましょう。

単にフレーズを覚えるのではなく、そのフレーズを使う場面としっかりリンクさせて覚えると、より記憶に残ります。

今度、海外で食事やショッピングをするときに、ぜひ使ってみましょう^^