レストランやアフェ、あるいはハンバーガーショップでの食事、あるいはお買い物をするときに覚えておくと便利なフレーズをまとめてみました。

今回、紹介するフレーズを押さえておけば、まず食事やショッピングで困ることはないですよ^^

ぜひ、実際に使う場面を想像しながら覚えてみましょう!

お店(ショッピング)編

①「これをいただけます。」
I’ll take this.

②「~が欲しいんですが」
I’d like ~.

③「別のものを見せてください。」
Can I take a look another one?

④「見ているだけです。」
Just looking.

⑤「安くしてもらえますか?」
Can you give me a discount?

※直訳すると「私に値下げをくれませんか?」ですが、ニュアンスは「安くしてくれませんか?」となります。

「Discount,please.」でも通じますが、上記のフレーズが値切るときに使う最もスマートな英語表現です。

海外では値段を高めに設定して販売するのが常識なので、買い物をするときはぜひ使ってみましょう。

値切るのをためらう必要はありませんよ!高めに設定されているのだから値切るのは海外では常識なんです。

⑥「色違いはありますか?」
Do you have defferent color?

⑦「サイズ違いはありますか?」
Do you have defferent size?

※海外で服や靴を買う場合は、サイズ表記は当てにせずに必ず試着するようにしましょう。

例えばMサイズでも日本と海外では2サイズくらい違う場合があるので要注意です。帽子やメガネでも身に付けるものは試着してから買うようにしましょうね。

⑧「試着してもいいですか?」
Can I try on?

※「try」は「試す」、「on」は「身に付ける」という意味なので「try on」で「試着する」になります。

食事(レストラン)編

①「メニューはありますか?」
Menu,please.

②「私はこれにします。」
I’ll have this.

※海外で注文する場合はメニューを指さしながら言うと確実です。

ちなみに「have」には「食べる、飲む」という意味もあるのでレストランで注文する場合は、「take」ではなく「have」を使いましょう。

③「私にも同じものをください。」
Can I have the same one for me too?

※「Sameone,please.」でも正直通じなくはないですが、綺麗かつスマートに言うなら上記フレーズがベストです。

④「おかわりをください。」
Can I have another?

※「another」には「他の」以外に「おかわり」という意味もあります。

例えばジュースやビールなど同じものをもう一杯ほしいときは、ぜひ使ってみましょう。

⑤「美味しいですね。」
It’s good.

※「美味しい」を和英辞典で引くと「delicious」が出てきますが、ネイティブは使いません。

「delicious」は、フォーマルな表現なので、例えば格式高いパーティーやレストランで食事をする場合に使います。

映画を見ていても、ネイティブが普段「美味しい」と言うときは「Good]
なので覚えておきましょう。

⑥「まあまあの味だね。」
It’s not bad.

※美味しくはないが不味くもない、ごく普通の味のときによく使うフレーズです。

⑦「これは頼んでいません。」
I didn’t order this.

⑧「頼んだものがまだ来ていません。」
My order is not here yet.

⑨「お皿を下げてもらえますか?」
Could you take our plates away?
Plese,clear my table.

※より近い表現は上記フレーズですが、「Please,clear my table.」のほうが簡単で覚えやすいですよね。

この表現はレストランや飛行機の機内などでよく使う表現なのでぜひ覚えておきましょう!

⑩「いいえ、結構です。お腹がいっぱいです。」
No, thank you. I’ve had enough.

※メイン料理を食べ終わったところで、ウェイターが「デザートはいかがですか?」とすすめてくることもあります。

Would you save some dessert?

お腹いっぱいで食べれないときは、「No,thank you.」でもOkですが、これだけだとぶっきらぼうな態度にとられることも・・・。

なので「I’ve had enough.」を付け加えてみましょう^^

⑪「もう食べ終わりました。」
I’m finished.

※海外では食べずに残していたり、しばらく手をつけずに放置していると片付けようとして店員さんが「Is it Ok?」とよく聞いてきます。

まだ残っているけど下げてほしいときは「I’m finished」と言えば店員さんが下げてくれます。

それ以外にも、コース料理を頼んだときは店員さんを呼んで「I’m finished.」と言えば、最後のデザートを持って来てくれます。

海外では意外と使うフレーズなのでぜひ覚えてきましょう!

⑫「お勘定をお願いします。」
Check,please.