今回は前置詞の第12弾「near」をいっしょに学んでいきましょう!

英語で「近く」を表す前置詞として「by」を以前に学習しましたよね?

復習したい方はこちらをどうぞ!

「near」も「by」と同様に「近く」を表現する前置詞です。

では「near」と「by」は何が違うのでしょうか?

今回は「near」のイメージを掴んで「by」との違いをハッキリさせてるとともに使い方もマスターしていきましょう。

「near」がもつイメージとは?

「near」がもつイメージは・・・

対象物を中心としてある「人」「もの」「時間」が近い

これが「near」のイメージです。

「near」と「by」の違いとは?

「近い」を表す「near」と「by」ですがいったい何が違うのでしょう。

「by」の復習をしたい方はこちら!

さっそくその違いをハッキリとさせていきましょう。

「near」と「by」を比べると距離的に「by」の方が「near」よりも近いです。

ただこの「近い」というのはどこから近いのかというと厳密な規定はありません。

近いと思うかどうかには個人差があります。

例えば家から最寄りの駅まで歩いて10分としましょう。この10分を近いと感じる人もいれば遠いと感じる人もいるでしょう。

また20分でも近いと感じる人もいるでしょう。

なのでこの「近い」というのは曖昧な距離をさしているわけです。

There is a park near my house.
私の家の近くに公園があります。

上記の例文を見てみましょう。
家の近くといってもどれくらい近いかはわかりませんよね。

歩いて10分かもしれないし20分かもしれない。あるいは車で5分かもしれませんよね。

このようにどれくらい近いかには個人差があるわけです。

それに対して「by」はニュアンスとして目に見える場所、手をせば届きそうな距離感のときによく使います。

  • There is a park near my house.
  • There is a park by my house.

どちらも「近くに公園がある」のはわかりますが、「by」を使うと「家のすぐそばに公園がある」ニュアンスが相手に伝わります。

なので「near ~」は「~の近く」と訳すとが多いですが「by ~」は「~のそば」と訳しますよね。

また「near」と「by」にはもう一つの違いがあります。

「by」は場所が近いことを表すことに限定しているのに対して「near」は時間が近いときにも使えます。

次項では例文を見ながら「near」のイメージをさらに掴んで使い方をマスターしていきましょう。

例文を使って「near」の使い方をマスターしよう!

以下の例文を見てみましょう!

《例文①》
My house is near the mountain.
私の家は山の近くにある。

※イメージ的には家を中心として周りに山がある感じです。

これが「by the mountan」になると「山のすぐそば」なので「私の家は山のふもとにある」となります。

《例文②》
I will be busy near the end of year.
年末近くになると忙しい。

※このようにある「時期」「期間」「時刻」といった時間にも使います。

《例》

  • near future・・・近い将来に
  • near the Christmas・・・クリスマス近くに
  • near 5 o’clock・・・5時近くに