前置詞onの意味と使い方

今回は前置詞の「on」について学んでいきましょう。

前置詞は日本人が特に苦手意識をもっているものでもありますよね。

いざ使おうとすると、「この場合はonなの?atなの?それとも・・・」と迷ってしまいがち。

前置詞をマスターするにはそれぞれの前置詞が持つ”イメージ”を掴むことが一番の近道です。

そこで今回は前置詞の第1弾として「on」について一緒に学んでいきましょう!

「on」のイメージとは?

「on」というと「~の上に」と訳す人が多いですよね。

でも厳密にいうと「on」は「~にくっついて/接触して」という意味が正しいです。

下の図を見てください。

前置詞onの意味と使い方をマスターしよう

赤いボールが平面に接触していますよね?
このように”あるもの”が”別のあるもの”にくっついている状態をイメージしてください。

つまり水平・垂直方向を問わずあるものが別のあるものに接触していれば「on」を使うということです。

例文を使って「on」の使い方を学ぼう!

上記の図を英語で表現してみましょう。赤いボールが床・壁・天井にくっついている状態ですよね。だからすべて「on」を使います。

  1. Red ball is on the floor.
  2. Red ball is on the wall.
  3. Red boll is on the ceiling.
  1. 赤いボールが床にあります。
  2. 赤いボールが壁にくっついています。
  3. 赤いボールが天井にくっついています。

このように赤いボールがどこであれ、接触した状態であればすべて「on」を使うということを理解していれば迷うことはありません。

他にも例文を出してみましょう。

《例文①》
A man on the glasses ~
メガネをかけた男

※メガネは肌に接触していますよね。直訳すると「男がメガネに接触している状態」になるので、メガネをかけた男を英語で表現すると上記のようになります。

《例文②》
A butterflies alights on my shoulder.
蝶々が私の肩にとまっている。

※これも蝶々が肩に接触した状態ですよね。私の肩に舞い降りて接触している状態なので「on my shoulder」となります。

《例文③》
please look at the painting on the wall.
壁にかかっている絵を見てください。

※これも壁に絵がかかっている状態です。つまり絵は壁に接触している状態ですよね。だから「on the wall」となります。

「on」の他の意味と使い方

「on」には「~にくっついて/接触して」以外にも「~の途中」という意味がります。

細かく言えば他にも「on」には意味がありますが、今回は特に使う頻度、目にする頻度が高い「~の途中」を紹介します。

ショッピングしているとこういった英文をよく目にしませんか?

Now on sall

これは「発売中」という意味ですよね。

《例文》
The car is now on sale.
その車はいま販売中です。

※直訳すると「その車はいま販売している途中」となります。つまり「販売中」ってことですよね。

他にも・・・

I am on my way to work.
いま仕事に行く途中です。

といったような使い方もあります。