英語が話せるとは?

私は40歳を超えて、改めて英語の勉強をしています。昔から英語を話せるようになりたいと思いながら、ズルズルとこの年齢になってしまいました・・・。

過去、挑戦と挫折を繰り返してきましたが、今回は本腰を入れて英語に向き合おうと、いくつかの厳選した教材を購入しました。

私の周りでも英会話教室に通ったり、教材を購入したまではいいが結局、途中で挫折した人もいます。

もしかしたら、今、私のこのサイトに訪れたあなたも同じような苦い経験をしているのではないでしょうか?そんな、あなたに少しでもこのサイトがお役に立てれば幸いです。

ところで、「英語を話せるようになりたい」といっても人によってレベルが違いますよね?

「とりあえず、カタコトでもいいから英語を話せるようになりたい」
「海外旅行に行った時に、困らない程度に話せればいい」
「仕事に活かせるぐらいまでは上達したい」

など、英語を話すにも人によって目指すレベル(ゴール)が違うと思うんです。

ちなみに、私が英語を学ぶ最終的なレベル(ゴール)は、「日本語で話すのと同じレベルで英語も話せるようになりたい!」です。。

日本語であれば会話するときに、いちいち「アレって日本語でなんて言うんだっけ・・・?」なんて考えないですよね。

当たり前ですが生まれながら日本語の世界で育ってきたわけですから、そりゃもう頭で考えなくてもスラスラと口を開けば言わんとすることが出てくるわけですよ。

もし考えるとすれば、「こういう時は、こういう風に言えば失礼ないかな」「こう言ったほうが相手は喜んでくれるかな」などですよね。

「自分の意図していることを相手に誤解のないようにスムーズに伝える」

ま~、これって普段話している日本語でも時として難しく感じることもありますが・・・。それでも私は、そのレベルまで話せるようになるのが最終的な目標です。

単語だけを羅列したり、単語とジェスチャーを交えれば、英語圏の方に何とか伝えることはできます。「それで十分!」という方もいるでしょう。

でも私が思う「英語が話せる」とは、前述したように「自分の意図していることを相手に誤解の無いようにスムーズに伝える」ことができるということだと思うんです。

日本語でも、伝え方やチョイスした言葉で相手への伝わり方や感じ方は変わってきますよね。時には言い方が悪く、相手に不快な思いをさせることがあるかもしれません。

逆に何気ない言葉を付け加えたり、言い回しを変えることで相手が喜んだり、心地よく感じることもあるでしょう。

そう!そのレベルこそが私が目指すゴールです。

英会話を上達させるおすすめの方法

英会話上達の方法といっても色々あります。また、人によっては、その方法が合う、合わないということもあるでしょう。

実際に、私が行っている方法があなたに合うかどうかはやってみないとわかりません。実践してみたら「合わない・・・。」と感じるかもしれませんし、すごくマッチして私以上にみるみる上達するかもしれません。

私が実践している英会話上達の方法は大きく分けて以下の2つです。

  1. 英語の基本を一から学習する
  2. 単語ではなく「フレーズ」で覚える

まず①の「英語の基本を一から学ぶ」ために英語教材を1つ購入しました。単に文法や品詞を学ぶのでは今まで学校で習ってきたことと同じだと思うんです。

今までの学習法では上達しなかったわけですから何かを変えないと、また挫折してしまうと思ったわけです。

例えば、「a」「the」の使い分けを学校ではどう習いましたか?

「a」は数えられるモノに対して、「the」はそれ以外のモノに対して使うと習いませんでしたか?確かに結果的にはそうなんですが、そもそも何故そうなるのかがわからない。

英語に限らず日本語もそうですが全ての言語には、その言語独自のルールがあります。そのルールを単純に覚えようとしても上達しないってことに気づいたんです。

「何故、この場面で、こういう場合は、これを使うのか?」

その根本というか本質を理解することが英会話上達の絶対条件なんです。

カタコトの英語が話せれば良いのであれば、そこまで学ぶ必要はないかもしれません。というか必要ありません。

でも私が目指す最終ゴールはそこではありません。ですから、まずは英語の根本・本質を学ぶ。これが私の言う「英語の基本を一から学ぶ」ということです。

次に2つ目は「単語ではなくフレーズで覚える」です。

実は英語の約9割は単語だそうです。つまり単語を多く覚えれば覚えるほど英語圏の方と会話することができるってことです。

実際に、英語辞書を使って、とにかく英単語を覚えまくったという人もいます。彼は英単語を覚えまくった結果、自分が言わんとすることが相手に伝わるようになりました。また相手の言っていることが解るようになりました。

ただ、私はこの方法で幾度と挫折したので今回はやめました。代わりに始めた学習法は「ネイティブフレーズで覚える」です。

単語よりもフレーズで覚えたほうがイメージが湧きやすく、いざ英語を話そうとしたときにスムーズに出るわけです。実際に私には英単語よりもフレーズで覚える方が合っていたのです。

フレーズの中に解らない英単語があれば、その都度覚えれば言い訳です。一石二鳥です^^

ネイティブフレーズを効率よく覚える方法

最後に、参考までにフレーズを効率よく覚えるために私が実践している方法をご紹介しておきますので参考までに。

ひたすらノートに書いて覚えるのもいいですが、もっと効率よく、かつ頭に染み込ませる方法があります。

それは、「オーバーラッピング」「シャドーイング」です。

「書く」ことを中心とした学習も確かに覚えるという意味では良いですが、会話力アップという面では”いまひとつ”と言うのが私の実感です。

落ち着いて考えれば、覚えていることを思い出して話すことはできます。ただ、瞬間的に出てこないんです。なんというか瞬発力がないというか・・・・。

自分の言わんとすること、意図することを瞬発的に話すには、やはり「書く」よりも「オーバーラッピング」「シャドーイング」がベストな方法かなと私個人的には感じています。

また「オーバーラッピング」「シャドーイング」は、英語の瞬発力だけでなく発音や会話力アップにも役立つのでおすすめです。

オーバーラッピングとは?

オーバーラッピングとはフレーズが書かれたテキストを見ながら、音声に合わせて発話していく学習法です。。

書かれたテキストのフレーズを見ながら、音声にのせて同時に発話していきます。

もちろん最初は音声のリズムやイントネーションの速さについていくのが難しく、歯がゆく感じます。でも、何度も何度も繰り返すうちに徐々にリズムやイントネーションに慣れてきて発話できるようになります。

それができるようになったら、次は「シャドーイング」を行います。

シャドーイングとは?

シャドーイングとはテキスト書かれたフレーズを見ずに発話する学習法です。

聞こえてくる音声を1秒ほど後から追いかけるイメージで発話します。

シャドーイングは、何も見ずに行うため「オーバーラッピング」よりも難易度が高いので、これもまた最初はなかなか上手くいきません。

ですが、この練習を繰り返し、きちんと行うことでリスニングがかなり楽に感じるようになります。スムーズに、かつ正確に発音できるようになれば着実に英会話上達の階段を登っている証拠です。

「自分でで発音できる音=聞き取れる音」なので、「オーバーラッピング」「シャドーイング」、この2つトレーニングを続けることで
飛躍的に「瞬発力」「会話力」「リスニング力」がアップしますよ^^