今回はネイティブが相手を褒めたり、感謝を伝える時によく使う英語フレーズです。

このフレーズは、日常だけではなく誕生日などの記念日などにも使われますし、このフレーズを言われることで相手はとても喜ぶようです。

今回のフレーズはぜひ覚えておきましょう!

ネイティブが使う最上級の褒め言葉

では早速、ネイティブが相手を褒める時や感謝の気持ちを伝える時によく使うフレーズを見ていきましょう!

greatest~I could ever ask for!

このフレーズの型はそのまま覚えておきましょう。

このフレーズを解説するとまず、「great」の最上級である「greatest」がきて、「ever」という強調表現がきていますね。

「ever」は副詞で「今までに、これまで(に)、かつて」という意味で、後に来る動詞といった単語を強調します。

上記のフレーズでI could ever ask for!とありますが、これで「これ以上は望めないほどの、これ以上ないほどの」という意味になります。

使うシーンによって多少のニュアンスは違ってくると思いますが、これ以上は望めないってことは、つまり「最高の~」ってことですよね。

相手を最上級に褒めたい時、最高の感謝の気持ちを伝えたい時は、このフレーズは最適なわけです。

「greatest~I could ever ask for!」を使った例文

実際に、「greatest~I could ever ask for!」の型を使って相手にどう伝えるか例文を見ていきましょう。

まずは・・・

A is the greatest B I could ever ask for!

の型を覚えれば、あとは「A」と「B」を置き換えれば良いだけです。

《例文①》
You are the greatest teacher I could ever ask for!
「あなたは、これ以上望めないほどの、最高の先生です!」

このフレーズは型を覚えておけば、あとは「A」「B」の箇所を置き換えればいくらでも応用が効きますよね。

《例文②》
例えば・・・

「A」を「Tom」に、「B」を「friend」に置き換えると

Tom is the greatest friend I could ever ask for!
「トムはこれ以上ない、最高の友達だよ!」

となります。

日本人は面と向かって言うことを恥ずかしがりますが、ネイティブは普段の何気ないシーンでも、こういったフレーズを使って相手を褒めたり、感謝の気持ちを伝えたりします。

友達や家族の誕生日会や記念日などで、

Happy Birthday, Tom! You’re the greatest friend I could ever ask for.
「トム、お誕生日おめでとう!あなたは、これ以上ないほど、最高の友達だよ。」

みたいな使い方もできます。

ぜひ、この型を覚えて自然と使えるようにしておきましょう^^