今回は「be to do」の形、いわゆる「be to」構文と呼ばれる用法についていっしょに学んでいきましょう。 […]