今回は前置詞の第9弾「with」についていっしょに学んでいきましょう!

「with」と言えば「一緒に」という意味を思い浮かべる方が多いですね。

これは間違いではありません。

ただ「一緒に」という意味をそのまま覚えても「with」を使いこなすことはできません。

何度も言っていますが意味を覚えるまでにまずは「with」がもつイメージをしっかりと掴むことからはじめましょう!

「with」のイメージを掴んで意味を理解しよう!

前置詞「with」がもつイメージは「あるもの・ことと共に」です。

この「共に」というのは、「人」や「もの」「こと」「時間」との繋がりや関係性を表します。

みなさん「with」の意味でまず思い浮かぶのは「~と一緒に」ではないでしょうか?

この訳し方は「with」がもつイメージ「共に」のあくまでも1つだということです。

例えば「with」には・・・・

  • ~と一緒に
  • ~を相手にして
  • ~に対して
  • ~(の道具)で

といった意味があります。

日本語としての訳し方(ニュアンス)は違いますが「with」がもつイメージを思い出してください。

イメージは「共に」でしたよね。

そう考えると上記した4つの日本語訳はどれも「共に(繋がり・関連性)」がイメージできますよね。

ただ意味だけを覚えてもダメな理由はここです。

イメージを掴んでいればその場に応じて「with」を臨機応変に使うこともできるし、適切に日本語に訳すこともできますよね。

例文を使って使い方をマスターしよう!

「with」のイメージを知ったところで例文に触れながらさらにイメージを掴んでいきましょう!

《例文①》
I often go shopping with my friends.
私はよく友達と買い物にいく。

※ここでは「shopping with frends」とあるように「友達を伴って買い物」をするです。

《例文②》
I’d like to make an appointment with Mr.jane.
ジェーンさんとの予約を取りたいのですが。

※ここでは「an appointment with Mr.jane」とあるので「ジェーンさんを伴った予約」ということになりますよね。

《例文③》
Was there anything wrong with my English?
私の英語、間違ったところある?

※「with」は繋がりや関係性を表すんでしたよね。ここでは「with my English」とあります。

「with」のイメージを考えるとここでは「私の英語で」「私の英語を聞いてみて」と訳すのがいいですね。

《例文④》
Something is wrong with my car.
車の調子が悪いです。

※これも例文③と同じイメージです。

《例文⑤》
I was silent with fear.
私は恐怖で言葉が出なかった。

※ここでは「fear(恐怖)」を伴っていたため言葉が出なかったってことですよね。

もしくは言葉が出ないほど恐怖を伴っていた。つまり恐怖を感じていたってことです。

《例文⑥》
He was trembling with anger.
彼は怒りで震えていた。

※これも例文⑤と同じイメージですね。

《例文⑦》
I often play with card games.
私はよくカードゲームで遊びます。

※ここでの「with」は「~(道具)で」の意味です。

このように「道具を使って~する」と言いたいときは「with」を使います。

《例文⑧》
Please write with a pen.
ペンで書いてください。

※ここでの「with」は例文⑦と同じ使い方です。

《例文⑨》
I would like a table with a nice view.
眺めの良い席をお願いします。

※ここでは「良い眺めを伴った席」というイメージですね。

それ以外にも・・・・

  • with time ・・・ 時間ともに
  • with a year ・・・年々
  • with age ・・・年齢とともに

といったように人やもの以外にも「時間」といった見えないもの以外にも使います。